Pocket

新興市場とリート指数と日経平均

日経平均と新興市場、リート指数の動きが異なる場合は、基本的に取りやすい相場です。

全面高>個別相場>全面小幅安>全面安

買いで利益を得る場合、前者2つの地合いで投資するのが基本ですが、こちらの予測で書いた通り日経が弱い一方、新興市場やリートにお金が流れるケースは、個別相場の中でも取りやすい地合いになります。

新興市場やリートが日経平均と逆行して上がる時、日経に左右されないだけでなく、投資家の買い意欲は失われていないため、「特定の分野にお金が流れる」「押し目が拾える」状況が生まれやすいのが特徴。

また、IPO(新規公開株)にもお金が流れやすく、初値が予想外に健闘したり、思わぬ値をつけることが往々にしてあります。

このような状況では、盛り上げる分野、伸びると感じる株があれば監視する価値が大いにあります。IPOについても参加しやすく、セカンダリーもトライしやすいと言えます。

もちろん、全ての指数が全面高の場合とは異なり、銘柄の選定は必須となります。
しかしながら勝てる人は大きく勝てる、と言うことはできます。

いずれにせよ日経と逆行して上がる指数がある場合、その指数は非常に力強く、
思わぬチャンスが生まれやすい状況であることは覚えておいて損はありません。

こうした状況は稀であり、長く続くとも限らないため注視していきましょう。

【人気の関連記事】
2016年のテンバガー(10倍株) や有望銘柄の探し方
ゆうちょ銀行がリート(REIT)へ参入!不動産投資で稼げる時代か

Pocket