Pocket

kabulost
2016年は年初から驚くような株の大暴落がありました。

あまり表に出ることはありませんが、今なお大きな損失を抱え苦しむ方は多いと思います。
大型株は暴落から持ち直していますが、新興株などは依然厳しい状況にあります。

株で損をするのは自己責任とは限らない

株で損失を抱えていると言えば、周りからは「自己責任だ」「何で損切りをしない?」と言われてしまうのは明白で、誰にも言えない状況にある人もいると思います。

もちろん株で損をしてしまうのは自己責任ですが、だからといって方法論が間違っていたとは一概には言えない場合があります。

アベノミクスの時に投資していた人は非常に大きく稼ぎましたが、もし同じ手法で2016年の年初に投資をしていたら大損をしていた可能性もあります。

私自身、ITバブルの頃はしっかり銘柄分析した上で勝つこともありましたが、今同じような投資してもも勝てるとは思えません。

株は必ず想定外の動きをする

株については想定外の動きをするという特殊な難しさが混同しています。

そのため、結果的に損失抱えているから間違っているとは一概には言えません。

むしろ損切りすることが結果的に正しいケースもあります。

運に左右される要素もあるからこそギャンブルと言われる側面がありますが、結果論で手法そのものを全否定することはありません。

株で損をしても落ち込む必要はない

株をやる以上、どんな人でも負けるリスクを抱えていますが、予想が外れたとしても必要以上に自分を追い詰める必要はないという事です。

株は想定外の動きをするからこそ、損切りも本当に大切になってくると言えますがこのテーマは長くなるので別の機会に書きたいと思います。

いずれにせよ、暴落が続いて気分が沈んだり、鬱っぽくなっている方がいれば、少しでも気晴らしになって頂きたいと思い筆を取りました。

株もIPO(新規公開株)も常に流動していますので、しっかりとした手を打っていれば、長い目で見れば必ず良い時も訪れるはずです。

大変なことも多いですが、自分を追い詰め過ぎずにやっていきましょう^^

 

※もし共感する部分があればシェアして頂けると幸いです。

Pocket