丸八ホールディングス(3504)のIPOの初値予想!名証銘柄とは?

IPO-maruhachi

丸八ホールディングス(3504)のIPOが新規上場承認されました。

東海東京証券主幹事でSBI証券も含めて枚数的には当選が期待できるIPOと言えそうです。
名証IPOですが、地方のIPOの初値は読みにくいのが特徴ですね(;^_^

今回は丸八ホールディングス(3504)の初値予想とポイントについてまとめました。

丸八ホールディングス(3504)

会社名 :丸八ホールディングス(3504)
市場  :名証2部
想定価格:670円
吸収金額:12.2億円
主幹事 :東海東京証券
上場日 :4月8日
事業内容:羽毛ふとんや羊毛敷きふとん、毛皮インテリア製品等の寝具・リビング用品の製造販売。
業績  :B
IPO評価:C

丸八ホールディングス(3504)は羽毛ふとんを中心とした寝具の販売が主ですが、業種的には人気化するとは言い難いかもしれません。

訪問販売で売るダイレクトセールスに強みがあり、インターネットも生かしてはいますが、基本的には小売系のジャンルとなります。

また、過去の傾向では地方IPOが上昇する場合、軽量級であることが条件でありましたが、丸八ホールディングス(3504)の吸収金額は中量級です。

ここまで見て行くと、やや旨味がないと言えるかもしれません。

ただ、丸八ホールディングス(3504)のメリットとしては割安性が挙げられます。
予想PERは10前後。フランスベッドや二トリと比べると遥かに割安です。

比較的割安なパラマウントのPERに比べても、安いと言えるでしょう。

故に、初値的には大崩れはないと見ています。

丸八ホールディングス(3504)のIPO初値予想

初値予想のバランスとしては、こうした割安性から、名証であることと吸収金額を差し引いたものが基本になります。

現時点のIPO丸八ホールディングス(3504)の初値予想は、

想定価格:670円

初値予想:650~710円

名証2部のIPOということで、やはり買いが入るかどうか不透明な部分があります。

ロックアップはしっかりしているため、大崩れはありませんが、公募割れも視野にいれておく必要はあるでしょう。

一方で知名度はあり、割安であるため参加することのリスクは低いIPOと言えそうです。その辺りを考慮した上で、あえて参加するのはありだと思います。

個人的にはSBI証券でポイント狙いの参加の予定です^^

好利回り!ソーシャルレンディングの比較

ソーシャルレンディングは仮想通貨と共に、2017年最注目の高利回り投資です。少額投資とリスクコントロールも可能であり、いち早く抑えておく価値があります。