Pocket

money

ギャンブル漫画のおすすめベスト5をまとめました。

漫画が好きでよく読んでいますが、中でも好きなのがギャンブル漫画です。

ギャンブルそのものが奥深い世界だと思いますが、優れたギャンブル漫画を見るとその深淵に触れることができます。

今回は選りすぐりのギャンブル漫画のおすすめランキングベスト5をまとめました。

漫画好きの人やギャンブルが好きな人はもちろん、物事の深淵に触れてみたいという方にもおすすめです。

※一部ネタばれがありますのでご注意ください。

スポンサーリンク

第5位 アカギ


アカギ-闇に降り立った天才 1

麻雀の打ち手としては、おそらく全漫画の中でもトップに位置すると思われるアカギ。
『アカギ』は、彼が青年の頃を描いた漫画です。

興味深い対戦は色々ありますが、個人的には「偽アカギ」と呼ばれる記憶力の世界チャンピョン的な男との戦いが印象的でした。

「偽アカギ」は驚異的な記憶力や頭脳を持っているのですが、「優れた理」に対して、アカギは独自の戦法で臨んで行きます。

ギャンブルに必要なことは「優れた理」だけではない、ということが伝わってきてギャンブルの奥深さを感じることができます。

第4位 嘘食い


嘘喰い 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

最近、ヤングジャンプでは追い切れていないのですが、20巻くらいまでは間違いなくおすすめできる漫画。

ギャンブル漫画と言っても特定のジャンルはありませんが、基本的には頭脳戦がメイン。

ポーカーなど、シンプルなルールをひとひねりしたような戦いが多く、戦いの内容はライアーゲーム等に近いイメージでしょうか。

見所は何と言っても主人公の「嘘食い」です。

「嘘食い」もまた、ギャンブル漫画の中ではトップランクと言える頭の持ち主。

20巻辺りから始まる「業の櫓」という帝国ホテルで行われる戦いは、スケール感や嘘食いの凄味が感じられるベストバウトの一つでヒリヒリするほど熱い。

嘘食いは先を見通す目が凄く、恐ろしいほど読みが深いです。
こうした点は漫画に限らず現実にも応用できるので、非常に刺激を受けます。

第3位 天


天-天和通りの快男児 1

タイトルの通り「天」という男が主人公の麻雀漫画。

実はこの漫画の中にも、先に挙げた「アカギ」が出てくるのですが、その描写が尋常なレベルにないというか、明らかにものが違うと言えるほど妖気を放っています。

この漫画の中のアカギは年を重ねていることもあり、熟練されていると言えますが、ここまでゾッとさせられたキャラクターは、全ての漫画の中でも希少でした。

彼の打つ麻雀を見ると言うだけでも大きな価値があります。

第2位ワンナウツ


ONE OUTS 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

ギャンブル漫画では1位に推す人も多い一方、本屋や中古本屋でなかなか在庫がないことでも有名で、私自身も入手するまでに時間がかかった一品。

ギャンブル漫画と言っても「賭け野球」がテーマになっており、一風変わった作品です。

前評判の段階から名作の匂いがしていましたが、実際読んでみたらやはり名作でした。

他の漫画との違いを挙げるとすれば「切れ味が違う」ということでしょうか?
主人公の、渡久地東亜は誰よりも本質が見れる人物であり、彼の言動は常にソリッド。

故に同じ作者が書いた「ライアーゲーム」よりも、洗練されていてギャンブルや人の本質が描かれている思います。

渡久地東亜については、先に挙げたアカギや嘘食いに並ぶほどの人物であり、ギャンブル漫画が好きな方は目を通しておいて損はないでしょう。

第1位 金と銀


銀と金 1

ギャンブル漫画として、戦いのバリエーションや物語の構成、キャラクターの魅力など全てにおいてバランスが取れた名作。

主人公は「森田」と呼ばれる青年ですが、彼と共に圧倒的なカリスマ性を誇る「平井銀二」と呼ばれる仲間?も登場します。

主人公の森田は、何とかお金を稼ぎたいと思う一方、打ち手がなくて困っているのですが、そこに銀二が現れて…という話になっています。

この漫画の注目は、「誠京麻雀」と呼ばれる戦いに尽きます。

これはギャンブル漫画史上でも、傑作と言われるほど見所のある戦いです。

最後の最後に、「銀二」がある手を打つのですが、そこにはギャンブルの本質が全てが詰まっていると言っても過言ではありません。

一見すると誰にでもできることかもしれませんが、それができるかできないかが、ギャンブルにおける実力の差と言えるはずです。

福本伸行氏の作品ではこうした描写がありますが、上記の戦いが一番でしょう。

まとめ

優れたギャンブル漫画には、普通の漫画では得られないような気づき、発見があります。

今回挙げたおすすめのギャンブル漫画ランキングについては、お金では買えない価値が提供されていると思います。

また、ギャンブル漫画ではありませんが『勝負』という観点ではキングダムという漫画もおすすめです。ここに出てくる王翦と李牧はアカギ並みに強いのでチェックしてみて下さい。

キングダムで王翦と李牧が中華最高峰の強さを誇る理由とは?
漫画キングダムと投資の世界は通じる部分があると感じていて、中でも私が注目しているのが中華最高との呼び声が高い王翦(おうせん)と李牧です。個人的にもこの2人が傑...

今回挙げた漫画は本当にどれも凄いのでぜひ読んでみて下さい。

Pocket