FXをはじめてした時に失敗し損失を出してしまった体験談

OL

FXをはじめてした時のことですが、頭が真っ白になる出来事がありました。

結果的に失敗という形になり、損失も出してしまいましたが、自害の念を込めて体験談を記しておきたいと思います。

誰でも起こることなので、これからFXをする方もご注意下さい。

FXで陥ってしまった失敗

それは自分なりにFXの戦略を立てて、さあこれから!という時に起こりました。

私はFXでは注文と同時に、「損切り設定を逆指値予約する」ことにしていたのですが、ある日見ると、損切り設定ラインに届いていないのに、損切りが約定されていたのです。

誤差の範囲とは言えないレベルで一瞬「嵌められたのか?」と頭が真っ白になりました。

101b573acdd744abe389eca2c11aeb9c_s

しかも、その損切りが約定されていなければ、中長期では狙い通りに儲かりそうだったので余計に理不尽に感じられました。

どうして損切り設定ラインよりも前で、逆指値が約定してしまったのか?

似たような事例があると思ってみても見つからず、結局は「誤差の範囲」で受け入れるしかないのか、諦めるようになりました。

こんな信頼できない状況で、FXは続けられないなと思っていたろころ、ひょんなことから、FXにはBIT(売り)、ASK(買い)の2つの為替レートがあることが判明。

FXの世界では基本と言われますが、私は異なるレートのチャートを見て取引してしまっていたので、ズレが生じてしまっていたようでした。

FXの教科書にも載っていないことがある!

今回のことは、FXの教科書やインターネット上にも全然載っていませんでした。
この辺りは株と違うところで、経験を積まないと驚かされることが結構あります。

FXはネットで調べてみると分かりますが、思っている以上に情報が少ないです。
実際に投資しているブログも希少で、殆どが宣伝だったりします。

ただ、全ての失敗は私の経験不足にあったわけです。
結局、損失を出してしまいましたが、今では良い体験だったと思います。

最初のうちはどうしても失敗して損を出しやすい

FXの場合、当たり前のことが理解できなかったり、検索しても出てこないので混乱することがあります。

私自身は何回か失敗してからは大きな問題はなく、不満を感じることもありません。

今回の失敗体験談は、ひょっとしたら自分と似たような目に遭う人もいるかもしれませんので、載せておきたいと思います。

何でもそうですが、当たり前のことが分からないことって意外とありますし、私自身もしょっちゅう失敗してきたので、はじめてのFXで失敗することがあっても、気にしなくて良いと思います。

Pocket