IPOでお金を稼ぐコツ

Pocket

623238a1e6fb11d90cc498b00582359e_s

IPO(新規公開株)は、ちょっとしたお金を稼ぐのにうってつけですが、最近はなかなか当たらなくなりました。

人気のIPOは、東証マザーズやジャスダックといった新興市場の銘柄です。

新興市場のIPOは当選が難しくなっている

新興市場のIPOが当選すれば御の字ですが、そればかり狙っていると、これから先は年間を通じて一つも当たらなかったという事態になりかねません。

それほど今の新興IPOは競争率が激しいのが現状です。

よってIPOでお金を稼ぐコツは『新興市場に参加しながら、東証1部・2部、リートのIPOを攻略すること』
になります。

この考え方ができれば、当選確率もグッと上がります。

注意したいのはこれらは「公募割れ」と呼ばれる、公募価格よりも下回って上場してしまうリスクがあること。
そうなると損になってしまいます。だからこそ、あまり話題にもなりません。

ただ目利き次第では、東証1部・2部、リートのIPOでもお金を稼ぐことは可能です。

東証1部・2部、リートIPOでお金を稼ぐコツ

ポイントになるのは、大まかに「吸収金額」「知名度」「地合い」の三つ。

IPOにおいて吸収金額が低いというのは、それだけでアドバンテージになります。

また、知名度が高いものは、買いが集まりやすいのでやはり有利。
近年で言うと、リクルートや日本郵政が代表的です。

最後に地合いですが、IPOの流れそのものが良いと、思わぬ初値をつけることがあります。

目利きは必要になってきますが、このあたりのポイントを抑えて行けば、東証1部・2部、リートのIPOでもお金を稼ぐことは充分に可能です。

こうした初値予想については、信頼できるIPOの情報サイトを利用するのも有効です。
特にプロの予想は安心感があり、それ自体が初値予想に影響することさえあります。

IPOのプロの予想サイトについては下記の「トレーダーズ・プレミアム」のレビュー記事をご覧ください。

kabu-syousai

IPOの情報に関しては上記のサービスを抑えておけば問題ないでしょう。

新興市場のIPOほど利益は出ないかもしれませんが、IPOが落選してばかりでつまらない、と感じたら、
あえて話題にならないIPOに目を向けて見ることも大切です。

IPOではこのようにコツコツと利益を積み重ねていくことがポイントです。

Pocket