Pocket

3845ca83bede79c6e657449cbfe7cb05_s

資産運用を考える時、株や国債、インデックスファンドや投資信託等をイメージする方が多いと思いますが、断トツでおすすめな存在がIPO(新規公開株)です。

IPOは一部の人に知られた存在ですが、他の投資商品に比べてもリスクコントロールがしやすく、継続していくと思わぬ利益が得られるメリットがあります。

IPOはローリスクハイリターンな点が魅力

IPOの特徴を一言で言うと、東証1部や東証マザーズなどに新規上場する企業に投資をするというものであり、これら新規上場する企業の株は『抽選』で入手することができます。

そして、人気の株については、実際に新規上場した際に、思わぬような高値をつけることが往々にしてあります。

新規上場する株は、新進気鋭の新興企業や、日本郵政のような老若男女に人気の企業までさまざまで、目利きさえしっかりすれば”ローリスク”で利益を得ることができます。

IPOは年間を通じて100社以上が登場することもあり、それだけ投資チャンスに恵まれているのも特徴。

通常の株とは異なり一定の法則があり、慣れてくるとどのくらい上がるのか、あるいは危険なものも分かるようになってきます。

当たりにくくなってきたものの参加するメリットは大きい

抽選で人気のIPOは当たりにくくなりましたが、それでも低リスクであることを考慮すれば、やることのメリットの方が大きいと言えるでしょう。

これだけローリスク、ハイリターンな投資は、世の中を見渡してもなかなかあるものではないため、資産運用を考える場合はIPOを取り入れてみるのは非常におすすめです。

IPOのように独自の特徴があり、ローリスクで利益が積み上げられるものがあると、ポートフォリオのバランスが格段に向上します。

その意味で、IPOとソーシャルレンディングは群を抜いておすすめです。

基本的にIPOは、証券会社から抽選を申し込む形になりますので、野村証券など大手の証券会社の口座は作っておくとなにかと便利です。

IPOの情報については、当サイトでも『初値予想』と呼ばれる目利きの部分についてはかなり深い考察をしておりますので、参考にしてみて下さい。

最初はよく分からなくても、当サイトや関連サイトを眺めているだけでもイメージがつかめてくるはずなので、ぜひトライしてみて下さい。

Pocket