2016年の株、IPO、FXで稼ぐ上でのコツと注意点

2016年(前半)の投資で稼ぐために大局のポイントをまとめておきます。

投資の本質は常に状況にあり、状況を踏まえて投資をしていかなければ結果は出ません。株で例えると、有望だから有望株に投資するという発想では稼げないのと同じです。

この辺りのことは深く言及されていないため、きちんと明記しておきます。

株について

まず株をとりまく状況は”難易度の高い局面”であることを抑える必要があります。

IPOでも話題になっているZMP関連や様々な材料で賑わっているように見えますが、現在の日経平均は分岐点にあります。

上にも下にも振れる価格帯にあり、このような地合いで株を買うのは難易度は高いです。

ショート(空売り)を織り交ぜない限り、大きく稼ぐのは難しいのが現状。しかし、個人がやる範疇ではありません。

また、有望な新興銘柄があったとしても、空売りを仕掛けられたら劣勢になりやすい状況です。

難しいという認識さえ持てれば、大怪我することもなく、仮に日経平均がレンジブレイクした時は乗っかっていけるので、とにかく現状認識が鍵になります。

IPOについて

IPOは人気化して当たりにくくなりましたが、2015年でいうところの日本郵政のように当たりやすくて上がる株も中には出てくるはずなので、マイペースに続けて行けば良いことはあると思います。

基本的にまだやめる必要はないと思っています。

かなり厳しいと言われる中でも、まだ旨味はあると言えますが、本当に旨味がなくなった時は改めて報告したいと思います。

注意点としては、当選確率1%に満たないIPOに時間を費やしたり、執着すること。その分を株やFXのリサーチに費やす方が効果的です。

IPOのコツは日本郵政のような、おいしい銘柄をいかに大量に集められるか。
これが2016年のIPOで稼ぐポイントになります。

最後に、最も気をつけなければならないのが安易なIPOセカンダリーへの参加。

旨味があるのは事実ですが、難易度は最上級。勝てると思うポイントで参加するのは有りですが、やたらむやみに手を出さないようにしましょう。

FXについて

投資の中で最も安定していると感じるのがFXです。

注意点としては、本当に実力があると思えない限りレバレッジはかけないこと。

レバレッジをかけず、コツコツやる分にはFXが外的環境に左右されにくく、IPOと組み合わせていけば稼ぐことはできると思います。

FX口座は、いわゆるランキング等に惑わされずにシンプルにGMOクリック証券【FXネオ】SBI FXトレードを作っておきましょう。

前者はツールに優れ、後者は1,000通貨(低金額)から投資ができてSBI証券を持っている人ならすぐ馴染みます。

FX口座はキャッシュバックも魅力ですが、まず優先すべきは勝てる口座を作ることです。FX口座は装備と同じなので、勝てるかどうか?を最優先して下さい。

まとめ

2016年前半の投資環境の注意点をまとめると、楽に大きく稼げる状況ではないと言えます。

そんなことを言うと『楽に稼げる状況なんてあるのか?』と思うかもしれませんが、そうした状況は実際にあります。ただ、今はその時ではありません。

一発大きく狙うのが有効ではなく、株やFXやIPOでもコツコツ稼ぐ手法が有効になると言えると思います。

IPOほど旨味はありませんが、ソーシャルレンディングで、細かく人気ファンドの募集をチェックするのもおすすめです。

どれぐらい稼ぎたいか?にもよりますが、副業で満足できるレベルであれば、今回の方法で充分。後は努力次第ということになるはずです^^

Pocket