稼げる人はFXと先物をやり賢い人はIPOをやる理由

稼げる人はFXと先物をやり、賢い人はIPOをやる。

ある程度、投資に関わってきた方であればピンと来るかもしれないし、疑問に思う方もいるかもしれません。

この辺りのことは投資を考える上で分かれ道になるところなので、あくまで私見になりますがまとめておきます。

なぜFXと先物が良いのか?

FXや先物はハイレバレッジという側面がありますが、単純な投資先としては魅力のある存在です。ポイントはボラティリティと安定性

株でも稼いでいる方はいますが、その上で難しいと感じてしまうのが大型株のボラティリティの低さ。ボラティリティが低いとどうしても不満が出てきます。

また、小型株の場合は空売りの影響を受けやすく、動きも不確定です。当たれば大きい半面、予想通りに動かない傾向も顕著です。

株で結局難しいのは、概ね地合いに影響されてしまう点にあり、そこに乗れない限り稼ぐのは容易ではないと言えます。地合い次第なので待ちも必要になります。

逆にFXや先物は相場そのものを読む、というものでありボラティリティも充分に確保されています。また株に比べると一定の法則性で動く傾向にあります。

長期的な予測として、仮に株で稼げたとしても、最終的にはFX&先物へ人が流れて行く傾向は今後かなり顕著になってくるのではないかと思います。

逆に言うと、現段階ではまだ『狙い目』です。
今のうちに経験&スキルを積み上げておくことは大きな価値があるでしょう。

ただ、リスクも伴うので投資は自己責任にてお願いします。

IPOをやる人が賢い理由

日本郵政の上場をきっかけに多くの人に知られたIPOですが、IPOに取り組んでいる人は基本的に賢いと言えると思います。

IPOはネット抽選であれば平等であり、上場するIPOを見極める眼さえあれば低リスクでお金を稼ぐことができます。

IPOをやらない人からすれば、『投資は怖い』『よく分からない』『当たらない』と思うかもしれませんが、そうした先入観を捨てて、投資できるという意味で賢いと言えます。

基本的に稼げる情報というのはあまり表に出ることはありません。
その中で、IPOに取り組んでいるということは情報感度が高く、将来的にさらに稼げるポテンシャルを持っているのは間違いありません。

IPOそのものは知られ過ぎた結果、稼げなくなる可能性はありますが、次を探せる『力』があれば問題ありません。

まとめ。投資で稼げるには?

自分が投資で稼げないと感じたら、そのスタイルを疑ってみることです。

稼げないことを自分のせいにしがちですが、必ずしもそうではありません。

例えば新興株で長く稼げている人の方が稀であり、逆に少し前のIPOであれば投資センスがなくても大きく稼ぐことは比較的容易でした。

結論になりますが情報感度を高め、常に周囲を観察し、先入観を持たずに投資に取り組めば投資で勝てるチャンスが広がります。

投資そのものはリスクを伴うので強くおすすめできませんが、ぜひ今回の内容等を参考にしてみて下さい。

Pocket